人間らしさの溢れるシンガーソングライター”ヒグチアイ”

ヒグチアイ

平成元年11月28日 滑り込み平成生まれ。生まれは香川県、育ちは長野県、大学進学のため上京し、東京在住。

2歳のころからピアノを習い、その後ヴァイオリン、合唱、声楽、ドラム、ギター、など様々な音楽に触れる。
18歳で鍵盤弾き語りシンガーソングライターとして活動開始。

2013年9月5日に渋谷O-WEST で自主企画を行い、200人以上を動員。年間のライブ本数は150本を超える。ライブで地道に音楽を伝え、男女年齢問わず人気を集めている。
2014年2年26日(水) にシンガーソングライター大柴広己をプロデューサーに迎え、「ZOOLOGICAL」レーベルより、ファーストアルバム「三十万人」でファン待望の全国リリース。
2015年3月18日(水)にはセルフプロデュースによる待望のセカンドアルバム「全員優勝」をリリースし、全国約40ヶ所でのライブツアーを行う。
2016年11月23日にはアルバム「百六十度」で、テイチクエンタテインメント タクミノートレーベルより、待望のメジャーデビュー。

心掴まれるストレートな歌詞

必死に闘っていますって味方ばかり集めたんだしょう
暫定1位の称号磨いて安心感
できるできない やるやらない どっちつかずの分かったフリで
何もない天秤の真ん中だけ守っていた

ヒグチアイワールド全開の歌詞。逆境を避けて、あえて刺激のない”安定の道”を選ぶ自分。このままじゃダメになることも分かっているけど、中々踏み出せない一歩。そんなもどかしさがこの曲を通して、自分の心に突き刺さったことを覚えていますね…。

予想不可能なピアノリフに心が踊る

聴いてください!この頭に残るりピアノリフ!
こういった面でもヒグチアイさんにハマる1つの要因なんですよね。実際に彼女自身インタビューで、リフを作ることは曲を作る中で1番好きなプロセスだと語っていました。

メジャーデビュー

アルバムタイトルの「百六十度」。「人間の視野の範囲外(人間の視野は200度)には今まで出会ってきた人達やこれまで支えてくれた人がいる。これからもそういう人達がいた事を忘れないでいきたい。」という感謝とこれからの想いのこもったタイトルだ。

メジャーデビューアルバム「百六十度」

img_0003

2016年11月23日発売

定価:¥2,315+税
株式会社テイチクエンタテインメント  TAKUMI NOTE

<収録曲>
1.誰かの幸せは僕の不幸せ
2.猛暑です
3.ぼくとおばあさん
4.さっちゃん
5.衝動
6.恋人よ
7.霙(みぞれ)
8.ハダノアレ
9.アイカギ
10.シンプル
11.備忘録

2017年1月ヒグチアイ「百六十度」ツアー2017〜東名阪ワンマンライブを行う予定。
(1/7東京・渋谷WWW、1/9愛知・名古屋ell.SIZE、1/10大阪・心斎橋JANUS)


いかがでしたか?

生活感溢れる風景や日常の中で人が様々な人間関係から滲み出る想いを記した曲は、ある種人間らしい曲であり、その人間らしさが聴く人ひとりひとりの人心を掴んでいるのだろう。
「メジャーデビューしてないのがおかしい!」と多くのリスナーからの声をもらい続け、遂にメジャーデビューで次のステージに進んだヒグチアイ。これから多くの人の耳に彼女の音楽が届いて行くと思うと実に楽しみだ!

よろしければシェア・コメントお願いします!
バイトリーダー
落ち込んでる時にグサグサ心に刺さる曲を聞いて快感を覚えるドMリスナー。ネットに生きる大学生。