ギターを今から始める!現役バンドマンが教える分かりやすいギターの種類

こんにちは、すっかりバンドマン感のないバンドマンの見習い店長(@erf_riku)です。
さて今回はギターを始めたいと思った時に最初に決めなければならないもの…

そう…ギターの種類!

『エレキ』やら『アコギ』やらと耳にする機会はあるかと思いますが、それが一体何がなんなのか?
カンタンに解説してみたいと思います。

アコースティックギター

アコースティックギターは電気を使わないギターのことで、日本語で生ギターと呼ぶ人もいます。(あんまり言ったことない)
アンプなどを使って音を増幅させていないギターは全てアコースティックギターと分類できます。
ギターの胴体部分の表側に丸い穴が空いているのが特徴で、その部分で弦の振動をさせて音を響かせています。

という前置きはここまでにして、アコースティックギターに分類される代表的なギターを紹介します。

フォークギター
(通称:アコギ)

勝手な推測ですがおおよそ9割くらいの人が『アコギ』と呼んでいる楽器こそが、フォークギターと呼ばれるギターです。

え?
って思いますよね。僕も思いました。

言葉の定義通りに説明すると、
アコースティックギターに分類されるギターの中で、スチール弦(金属の弦)を使用しているギターのことをフォークギターと言います。
ですが、日本では一般的にアコギと呼ぶことがほとんどのギターなのでアコギと覚えて全然大丈夫です!
むしろアコギと呼んだ方が意味が通じます。

フォークギター(通称:アコギ)といえば、分かりやすいのがYouTubeにある弾き語り動画!
アンプなどを準備する必要がなくギター1本で演奏できて、いつの世代の人にも愛されている楽器として魅力的です。

こんな人にオススメ!

・好きなアーティストがフォークギター(通称:アコギ)を使っている
・弾き語りをしたい
・大きい音を出せる環境がある

ワンランク上の小話

一見すると同じに見えるフォークギターですが、いくつか種類があります。

ドレッドノート

サイズが大きく厚めのフォークギター。
中低音が目立ち迫力ある音が特徴です。

フォークタイプ

比較的サイズが小ぶりで厚さも控えめのフォークギター。
ドレッドノートとの区別上フォークタイプと呼ばれていますが、各ブランドごとに特徴があります。
小さめのサイズ感は扱いやすく、ギターソロも比較的弾きやすいギターです。

クラシックギター

音楽の授業で弾いたことがある人も多いのがこのギター。

クラシックギターは、フォークギターの金属の弦と違い、ナイロン弦を張ります。
クラシックギターは優しい音色が特徴で、クラシックやジャズなどのジャンルで活躍することが多いです。

見た目はフォークギターと大差はないように見えますが、ギター自体の大きさや抑える場所(ネック)の幅に違いがあるので、フォークギターとは持ち方や弾き方が違います。

こんな人にオススメ!

・好きなアーティストがクラシックギターを使っている
・クラシックを弾きたい
・優しい音色のギターが好き

エレクトリックアコースティックギター
(通称:エレアコ)

アコースティックギターの中にマイクを入れてアンプから大きな音を出せるようにしたのがエレクトリック・アコースティックギター(エレアコ)です。

アコースティックギターは大きな会場で弾く場合だと音が聴こえないので、エレアコにケーブルを繋いでスピーカーから大きい音を出す時に使います。

ケーブルを繋げなければ通常のアコースティックギターのように生音で弾けるのでライブをするかもしれないなら検討したい種類。

ただしアコースティックギターに比べてやっぱり生音の良さがどうしても劣るので、そこら辺は自分の耳と相談です。
※アコースティックギターにマイクを立てたり、後付けで中に取り付けたりする人もいます。

こんな人にオススメ!

・好きなアーティストがエレアコを使っている
・ライブをする or するかもしれない
・アンプから音を出してみたい

エレクトリックギター(通称:エレキ)

ロックをやるならエレキギター!

前述のギターとははるかに見た目が違うギターです。
薄い胴体が特徴でマイクから拾った音をアンプから出すギター。

アンプやエフェクター(音響効果を出す機械)で、「ガーガー」とした いわゆるロックっぽい音を出したり、色々な効果音をギターの音色に足すことができるのが、醍醐味。

胴体が薄くて生音があまり響かないので、アコースティックギターに比べて音が小さく夜でも練習することができます。
弦を抑える部分も薄いので、アコースティックギターにこだわりがなければエレキから始めるのがオススメです!

アコースティックギターのような音色を出すことができるエフェクターもあるので、迷ったらエレキ!とオススメしたいです。
(ちなみに僕はロック系の音がアコギから出ると思ってアコギを買ってしまいました)

こんな人にオススメ!

・好きなアーティストがエレキを使っている
・アコギかエレキにしようか迷っている
・邦楽ロックが好き

ワンランク上の小話

エレキギターにも様々なタイプのギターがあります。

ソリッドギター

胴体が薄く空洞がないエレキギター。
メーカーから多様な形や色のものが売られていて、一番ポピュラーなタイプのギターです。

フルアコースティックギター

厚めの胴体に空洞がありアコースティックギターに近いエレキギター
エレキギターの中では生音の音が大きく響きに広がりがあるのが特徴です。

セミアコースティックギター

フルアコのように胴体の中が空洞になっていて、さらに薄めの胴体がより扱いやすいエレキギター
少し歪んだ絶妙なギターサウンドが気持ち良いギターです。

ギターって実は種類がいっぱい

なんとなくギターの種類が分かりましたでしょうか?

今回紹介したギターの種類よりもさらに各メーカーの種類があって、それはそれはたくさんの種類があります。
ギターを決める時はつい迷ってしまいますが、一番は値段との兼ね合いの中でピンときたものを選ぶのがベストかななんて思います。

まずはお気に入りの一本を見つけて、ぜひギターと触れ合って見てください!

次回はロックを演奏したい人向けのエレキギターの種類を解説していきます。お楽しみに!

 

よろしければシェア・コメントお願いします!
見習い店長
キャッチーと個性的の間の曲が好きな雑食系リスナー。見習い店長の需要のないウェブログも営む。