初心者ベーシスト必見!耳コピのストレスを減らすアプリやアイテムを紹介します!

どうもコジョウナナセです。
ベーシストの皆さん、ベースの耳コピってしたことありますか?

ベースの練習には、運指練習だったりメトロノームを使ったリズム練習だったり色々な練習方法がありますが、耳コピって難しいですよね。特に初心者にとっての耳コピって相当強敵…!

どの弦の、どのフレットから、どんな音が鳴るか、
そんなの分かるかーーーーーー!!!!!な状態だと思いますが、それは低音がまだ聴き取れていないからかもしれません。

低音が聴き取れる耳になるには、時間と体力がかかってストレスになってしまいますが、
今回はそのストレスを極力減らしてくれるアプリやアイテムを紹介していきます!!

①YouTubeの「ベース弾いてみた」を利用せよ!

耳コピしたい曲をYouTubeから用意しますが、ポイントは原曲を用意するのではなくてべースでカバーしている人の動画を用意すること。

ここで必要なのが

・YouTube

・クリップボックス

です!

使い方はとっても簡単で、耳コピしたい曲をYouTubeで調べるときにベース弾いてみた動画を探すだけ!クリップボックスにダウンロードすることで、聴きたいところを何度も見ることができます。

なぜ弾いてみた動画なのかといえば、

・原曲よりもベースの音が大きい

・どこのポジションで抑えているか一目瞭然

・ダイレクトに弾き方が見れる

から。これは相当ストレスが減ること間違いなしですよ。

動画の探し方は、「(弾きたい曲のタイトル) ベース 弾いてみた」「(弾きたい曲のタイトル)  basscover」って検索すると出てきますので参考に!

ちなみに、この記事では『耳コピのやり方』ではなく『ベース音に耳を馴染ませるときのストレスを極力減らすアイテム』紹介なので、馴れて来たらこの記事のアイテムを使わなくても音源だけで耳コピが出来るようになると思います。

 

ん?耳コピのやり方が知りたい?

 

耳コピは根気です!

とは言ってもこの世にはTAB譜という便利なものがあって、楽譜が読めなくてもそれなりに弾けるようにはなるんですよね。

でも普通の音源を聴きながらの練習だと、TAB譜に書かれているスライドだとかチョーキングだとか細かい技術が書かれていても聴き取らなければニュアンスは分かりづらいと思うので、耳がベースに馴染むまでは、

べースカバー動画を聴く → ある程度耳が育つ →原曲を聴く → 細かい技術のニュアンスを知る → TAB譜を見てどういう技か知る

という流れの方が良いと思います。まあでもTAB譜を買うのってお金がかかるのでお勧めしませんが。(耳コピをマスターすればTAB譜がなくても弾けます)

ちなみに洋楽だと、

このYouTubeチャンネルでは、プレイ動画と一緒にTAB譜も演奏に合わせて表示されているので便利です!

邦ロック系の曲でプレイ動画と一緒にTAB譜を表示されている動画は見た事がない…(泣)
のですが、

でももしこちらのbass Drums coverさんの動画で投稿されている曲の中に好きな曲があればこの動画を活用することをおすすめします!

なんとメールを送るとTAB譜が、貰えます。(ありがたい…)

 

②イヤホンはiPhoneに!ヘッドホンはアンプに接続し装着!?

さてさて弾きたい動画は見つかりましたか?

つぎは、

・イヤホン

・ヘッドホン

・アンプ

を用意して、

・動画を流す端末(スマホ)→イヤホン
・アンプ→ヘッドホン

に繋ぎます。

そして、動画をイヤホンから流しながら自分のベース音と比較できるように、イヤホンの上からヘッドホン装着します!(ヘッドホンをイヤホンのついてる耳に被せます)

この時にイヤホンが大きかったりするとヘッドホンや耳と合わなかったりするので、極力iPhoneに付いている付属イヤホンのような丸くて小さい物がオススメです。

③小さじ一杯の自己愛を用意しましょう

最後は自己愛です。

いやこれフザケている訳ではなくて、大事なことなんですよ!とにかくポジディブになりましょう。

『明日になったらきっと出来るようになっている』『自分ならきっと出来る』っていう精神が大事です。
(ちなみに本当に昨日できなかったフレーズが、次の日に何故かできてしまうことがあります)

最初はイントロを耳コピするだけで何時間と掛かってしまうでしょう。
でも諦めずに、時間をかけて少しずつチャレンジしましょう!!

一曲丸々コピー出来た時の達成感は、癖になりますよ!

では、もう一度。
小さじ一杯程度の自己愛が大切です。

まとめ

ストレスを減らす耳コピ方法

①「曲名 ベース 弾いてみた」「曲名 basscover」とYouTubeで調べて、クリップボックスにダウンロードしよう!

②イヤホン、ヘッドホン、アンプを用意して、動画をスマホ+イヤホンから、ベース音をアンプ+ヘッドホンから流して、装着します!

③小さじ一杯の自己愛を用意しましょう。

人間の体は、その個体が食べたもので出来ていると何処かで聞いたことがありますが、音楽に関しても全く同じ事が言えると思います。

聴いてきた音楽、目にした音楽、コピーしたり弾いたりしてきた音楽…
全部があなたの音楽になって、身についていきます。

うん好きな音楽を体に取り込めるなんて、素晴らしい事ですよね。
僕らは、みんな魔人ブウだったんですね。

それでは!どんどん吸収して、ベース人生エンジョイしましょう!!
コジョウナナセでした!

コジョウナナセ
CAPTAIN MAIKOのベース担当。 どんな曲もエモく聴こえる難病を持つ男。