3600人のトップに輝いたSano ibukiについて徹底解析してみた

「出れんの!?サマソニ!?2017」で応募総数3600組の中から見事グランプリを獲得したSano ibuki。

僕はとてつもなく興味があった。

今回のグランプリを手にしたアーティストは予想もしなかった”弾き語りアーティスト”だったから。
さらに、アー写は見た感じ「よくいるバンドマン」。(すいません)

しかし、3600人のトップに立ったからには必ず何かすごい魅力があるはずだ!

僕はとにかく調査した。

TwitterなどのSNS、「どうもと初めましての呪い」というなんだか開いたら知らない闇サイトに飛ばされそうな記事の1つしか投稿されていないアメブロなど。

調べた。

そして今の正直な気持ちは、

「すげぇモテそう。」

…( ^ω^ )

 

それでは、

Sano ibukiについて徹底解析してみた!

 

プロフィール

Sano ibuki
1996年7月7日生まれ(21歳)
シンガーソングライターとして主に東京で活動中。
2015年に19歳以下限定のイベントにてグランプリを獲得。2016年夏、初3マンライブのチケットがほぼ即日完売。
「出れんの!?サマソニ!?2017」でCREATIVEMAN賞を獲得。

SNSから見えてくる”Sano ibuki”という人物は?

1.カメラと猫が好き
Sano ibuki本人も言っているが、とにかくカメラと猫が好き。
自身の撮影した写真をTwitterやInstagramで活発に投稿している。(モテポイント高め)

猫と戯れる #camera #photo #photography #ファインダー越しの私の世界 #カメラ #sanoibuki

sano ibukiさん(@sano_ibuki)がシェアした投稿 –

2.なんだかユルい…(脱力系)
アー写から滲み出てくる独特のユルさは間違っていなかった。

3.飽き性(予測)
一度しか投稿のないアメブロとYouTubeを見る限り、面倒くさがりなんだろうか。笑

4.意外と熱い男(いい意味で裏切られる)
自身のTwitterにたまに投稿される、「やってやるぜ!」やオリジナルを自画自賛するつぶやきたち。
ユルイ感じからのこのギャップ。くそ…嫌いになれない…。

グランプリに輝いたその実力は?

応募総数3600組の中から選ばれた彼は、一体どんなミュージシャンなのか。
・アコギ弾き語り
・BUMP OF CHICKEN好き[カバー動画]
・やっぱりリスナーからの評価の高い

驚くべきことに、最近発表されたミュージックビデオが初のMV!
このレベルだともういくつかMVは出ているものだと思っていました。
しかも、とてつもなく良い曲の仕上がりとなっている。

Sano ibuki – moonlight (Official Music Video)

PiSTream #130「ibuki:CAS live.43 ~Casting Artist Syndicate~」2016.8.20


どうでした?

やはり改めて思うことは、ルックス、雰囲気、発言、声、曲調、全て モテそう。
別の言い方だと、”魅力的” という言葉が合ってるのではないでしょうか。

今回、「出れんの!?サマソニ!?2017」でグランプリを獲得した Sano Ibuki 。
今後のアーティスト活動がめちゃくちゃ楽しみです!

Sano Ibukiがさらに気になった人はフォロー

Instagram

よろしければシェア・コメントお願いします!
バイトリーダー
FOOL MUSIC 運営。落ち込んでる時にグサグサ心に刺さる曲を聞いて快感を覚えるドMリスナー。ネットに生きる大学生。ブロガーもカメラマンもするよん。